カテゴリ:音楽 LOGBOOK( 81 )
Forever Friends/DAOKO
岩井俊二監督の作品「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」がアニメ映画化され先日公開されました。
監督作品ではREMEDIOSの楽曲「Forever Friends」が挿入歌として使用され、彼女の透き通った歌声がとても印象的でした。
公開されたアニメ作品でも嬉しいことにこの楽曲が使用されています。歌っているのは「DAOKO」という女性ヴォーカルですが、こちらもナイス作品です。


by beech-beech | 2017-08-21 23:05 | 音楽 LOGBOOK | Comments(0)
にゃー/矢野顕子×U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS
心地良い音楽だにゃー・・・。


by beech-beech | 2017-07-28 15:12 | 音楽 LOGBOOK | Comments(0)
タイムライン/クラムボン
クラムボンの最新アルバム「モメント e.p. 2」からの一曲「タイムライン」。
曲はもちろん素敵ですが、ロシア構成主義的な雰囲気が漂う映像デザインもグッド!


by beech-beech | 2017-06-28 20:25 | 音楽 LOGBOOK | Comments(0)
3=log²(8) /ai kuwabara trio project
アンプを接続して、まず聴いたのはこの楽曲。
桑原あいさん、いいです!


by beech-beech | 2017-02-18 18:50 | 音楽 LOGBOOK | Comments(0)
伝説のトリプルプレイ/世武裕子
友人から教えてもらった世武裕子さんというアーティスト。
世武さんは、NHK朝ドラ「べっぴんさん」の音楽担当で名前を目にしていましたが、それ以上のことは知りませんでした。
光を意識したカメラワークとびったりあう、優しい音楽が印象に残っていました。
映画音楽やピアニスト、シンガーソングライターとして幅広い音楽活動をしているそうで、とても興味深いです。
「伝説のトリプルプレイ」は、野球で9回裏ノーアウト満塁からの劇的なトリプルプレイを曲にしたものだそうです。
ピアノパフォーマンスも劇的でエキサイティング!


by beech-beech | 2017-01-29 12:31 | 音楽 LOGBOOK | Comments(0)
悲しくてやりきれない/コトリンゴ
昨年から話題になっている片渕須直監督作品の映画「この世界の片隅に」。
アニメーションが特に好きというわけではありませんが、「君の名は」では音楽が野田洋次郎さん。そして、この映画では音楽がコトリンゴということで、どちらのアニメーション作品も、内容と共に音楽にも非常に興味があります。「君の名は」は既に観ましたが、「この世界の片隅に」もぜひ映画館で観たいと思います。
補足ですが主人公すずさんを演じるのは、のん(能年玲奈)さん。


by beech-beech | 2017-01-10 22:24 | 音楽 LOGBOOK | Comments(0)
C'est la vie/Kan Sano×七尾旅人
二人のコラボ作品はポップな仕上がり!


by beech-beech | 2016-12-13 22:21 | 音楽 LOGBOOK | Comments(0)
TOKYO CULTURE STORY
東京の40年のファッションと音楽の軌跡だそうです。
スタートは南佳孝が出演。1976年は彼のアルバム「忘れられた夏」、翌1977年は東京に相応しいラジとのコラボ「The Tokyo Taste 」が今でも新鮮な記憶として浮かんできます。
そして後半には、クラムボンが出演しますよ~。


by beech-beech | 2016-10-26 22:35 | 音楽 LOGBOOK | Comments(0)
COME COME COME/MAIA HIRASAWA
マイア・ヒラサワさんの新しいアルバムから「COME COME COME」。
元気を頂ける作品なのだ!


by beech-beech | 2016-10-21 20:37 | 音楽 LOGBOOK | Comments(0)
ゆさぎ-マホロボシヤ/青葉市子
昨年の舞台cocoonに続いて、今年は小千谷の極楽寺にて青葉市子さんの音世界を感じることができました。
映像は、彼女の3年振りのアルバム「マホロボシヤ」からの1曲「ゆさぎ」。
謎めいて神秘的、浮遊感に満ちた作品。


by beech-beech | 2016-10-18 22:02 | 音楽 LOGBOOK | Comments(0)