カテゴリ:山 LOGBOOK( 105 )
山LOG 2017 その12/飯豊連峰~梶川尾根・丸森尾根
10日程前になりますが、飯豊連峰へ。
小屋泊でないと行けない奥深い山を、今回は日帰りで挑戦!
二つの尾根(梶川・丸森)を周回するコースは、両尾根とも急登の連続。
尾根を登り切り、稜線に出てから望む飯豊の嫋やかな風景は、感慨無量でした。

e0031346_2374562.jpg


e0031346_238349.jpg


e0031346_238121.jpg


e0031346_2382139.jpg


e0031346_2382919.jpg


e0031346_2383863.jpg


e0031346_2384968.jpg


e0031346_238585.jpg


e0031346_239724.jpg


e0031346_239163.jpg


e0031346_239281.jpg


e0031346_2393734.jpg


e0031346_2394620.jpg


e0031346_2310589.jpg


e0031346_23102418.jpg


e0031346_2310393.jpg


e0031346_2310503.jpg


e0031346_231124.jpg


e0031346_23111796.jpg
by beech-beech | 2017-07-19 23:12 | 山 LOGBOOK | Comments(0)
山LOG 2017 その11/金華山~長良川沿いの小さな岩峰
岐阜に建築視察に行った際、長良川沿いのホテルに宿泊。その眼前に聳えるように鎮座する山が金華山でした。
標高は329mの低山ですが、荒々しい岩峰で戦国時代には難攻不落の砦としての軍事拠点だったそうです。山頂に織田信長の居城・岐阜城がありました。
登山コースが沢山あることを知り、急遽早朝登山を決行。
登りは急登一直線で険しい「馬ノ背」コース、下りは「めい想の小径」コースを周回。早朝5:30登頂にもかかわらず、山頂では沢山の中高年の方々が挨拶を交わしていました。
地域に愛されている山なのです。

↓ 山頂からの眺望。中央遠方に恵那山。ずっと左手には御嶽山も見えました。
e0031346_21353339.jpg


↓ 岐阜市街を一望。
e0031346_21354360.jpg


↓ 馬ノ背コースは岩と木の根っこの連続。
e0031346_21355491.jpg


e0031346_2136412.jpg


e0031346_21361350.jpg


↓ 長良川の対岸から金華山を望む。
e0031346_21362317.jpg
by beech-beech | 2017-06-19 22:05 | 山 LOGBOOK | Comments(0)
山LOG 2017 その10/古峰山~巻機山の小さな前衛峰
古峰山(こがらさん)は、巻機山の裾野に位置する標高710mの低山。
低山と言えども、割引岳に通ずる岩稜地帯で登山路は高度感と変化に富んでいます。
巻機山はあいにく雲に覆われていましたが、晴れればその眺望も楽しめるいい山。
次は紅葉の時期に訪れたい!

↓ 第二展望台地点から巻機山方面を望む。
e0031346_18471552.jpg


e0031346_18472747.jpg


e0031346_18473615.jpg


↓ アップダウンのある岩稜を行く。奥に巻機山。
e0031346_18474686.jpg


e0031346_18475419.jpg


e0031346_1848312.jpg


e0031346_18481667.jpg


↓ 山頂から巻機山方面を望む。
e0031346_18482581.jpg


e0031346_18483423.jpg


↓ 登山路はアカモノが満開。
e0031346_1848443.jpg
by beech-beech | 2017-06-04 18:59 | 山 LOGBOOK | Comments(0)
山LOG 2017 その9/二王子岳~残雪&飯豊眺望を求めて
表題の通り、残雪と飯豊連峰の眺望を求めて新発田の二王子岳へ。
ブナ林良し、残雪良し。頂上に辿り着き、目の前にドーンと現れる飯豊連峰の眺めはさらに良しでした。

↓ 山頂付近でドローン撮影しているグループに遭遇しました。
  たぶん、この動画だと思われます。(違っていたらゴメンナサイ)
  二王子岳と飯豊連峰の全貌が把握できる、素敵な映像ですので紹介します。(撮影:Team M) ※動画のみ。写真は除く。



↓ 山頂から飯豊連峰を望む。ド迫力です!
e0031346_1837479.jpg


e0031346_18375782.jpg


↓ 雪面は特等席!
e0031346_1838992.jpg


e0031346_18381915.jpg


e0031346_18382876.jpg


↓ イワウチワが目を楽しませてくれました。
e0031346_18384012.jpg
by beech-beech | 2017-05-23 18:55 | 山 LOGBOOK | Comments(0)
山LOG 2017 その8/長岡東山トレイル/鬼倉山~鋸山
大入峠に車を置いて鬼倉山・鋸山へ。
鬼倉山から望む棚田と山々の風景は素晴らしく、眺望のために藪に手を入れて頂いた方々に感謝です。
鋸山への縦走路はイワカガミが満開!

↓ 鬼倉山山頂からの眺望。中央に粟ヶ岳、左に白山。中央手前は大平山。
e0031346_1744289.jpg


↓ 鋸山から守門岳・浅草岳を望む。
e0031346_17443977.jpg


↓ イワカガミが満開。
e0031346_1744569.jpg


e0031346_17451664.jpg
by beech-beech | 2017-05-14 18:07 | 山 LOGBOOK | Comments(0)
山LOG 2017 その7/長岡東山トレイル/新緑のブナ林を行く
一週間程前のGWに約3時間の長岡東山トレイル。
花立峠登山口~萱峠登山口~コハ清水~長工新道~花立峠~花立峠登山口の周回コースです。
新緑が眩しいブナ林と、長工新道を縦走しながら見え隠れする守門・浅草岳・越後三山などの山並みを堪能することができました。
縦走路沿いのイワカガミはまだ蕾。

e0031346_2038521.jpg


↓ 山を覆う新緑はブナの原生林。
e0031346_20381428.jpg


↓ 長工新道の縦走路沿いで目を楽しませてくれるイワカガミは、まだ蕾でした。
e0031346_20382583.jpg


↓ 左に守門岳。右に浅草岳と鬼が面山。
e0031346_20383480.jpg


↓ 左に荒沢岳、中央に越後駒ヶ岳と中ノ岳、右に八海山。
e0031346_2038431.jpg
by beech-beech | 2017-05-11 20:52 | 山 LOGBOOK | Comments(0)
山LOG 2017 その6/平標山・仙ノ倉山~残雪の谷川連峰
残雪の山景色を求めて、新潟と群馬に跨る谷川連峰の平標山、仙ノ倉山へ。
谷川主脈をはじめとする眺望と、平標・仙ノ倉の嫋やかな表情は、期待にたがわず美しいものでした。

e0031346_13265467.jpg


e0031346_13161752.jpg


e0031346_13162740.jpg


e0031346_13163661.jpg


e0031346_13164777.jpg


e0031346_1317048.jpg


e0031346_1317969.jpg


e0031346_13183617.jpg


e0031346_1319075.jpg


e0031346_13191248.jpg


e0031346_13193448.jpg


e0031346_13194664.jpg


e0031346_13195792.jpg


e0031346_1320647.jpg
by beech-beech | 2017-05-06 13:32 | 山 LOGBOOK | Comments(2)
山LOG 2017 その5/米山~下牧コース
二度目の霊峰、米山。4年前に大平コースを登ったので、今回は下牧コースから。
この時期、柏崎側の北面は雪に覆われた雄々しい山容に対し、柿崎側の南面は雪が消えて緑の嫋やかな表情を呈しています。
下牧コースは、その柿崎側(南面)を登るルート。
前半は花トレイル、中盤は新緑のブナ林、後半は尾根伝いに見える山々の眺望と続く、変化に富んだナイスコースです。

↓ ブナ林の中にある三十三観音。
e0031346_2252338.jpg


e0031346_2253236.jpg


e0031346_2254150.jpg


e0031346_2255127.jpg


↓ 刈羽黒姫山を望む。
e0031346_226448.jpg


↓ トキワイカリソウが満開!
e0031346_2261533.jpg


↓ イワカガミはこれからです。
e0031346_2262387.jpg


↓ シラネアオイ
e0031346_2263184.jpg


↓ ナガハシスミレも満開!
e0031346_2264128.jpg


↓ 柏崎側から米山を望む。
e0031346_2265070.jpg


↓ 柿崎側から米山を望む。南面で雪消えが早い。
e0031346_227177.jpg
by beech-beech | 2017-04-30 22:33 | 山 LOGBOOK | Comments(0)
山LOG 2017 その4/放山~モノトーンの世界
糸魚川のシャルマン火打スキー場から放山まで、雪と花を楽しみながらのトレッキング。
目前の火打山と焼山は残念ながら雲に覆われて全貌を眺めることは叶いませんでしたが、幻想的なモノトーンの世界を満喫。
今年初対面のイワウチワ咲く尾根を歩き、雪庇に覆われた雪面を歩きました。
空沢山から火打へと続く雄大な景色を想像しつつ、晴れ渡った白銀世界の折りにもう一度訪れたいと思わせる環境でした。

e0031346_186110.jpg


e0031346_186107.jpg


e0031346_1861989.jpg


e0031346_1862859.jpg


e0031346_1863720.jpg


e0031346_186467.jpg


e0031346_1865967.jpg


e0031346_187752.jpg


e0031346_187186.jpg


e0031346_1872843.jpg


e0031346_1873629.jpg
by beech-beech | 2017-04-26 18:11 | 山 LOGBOOK | Comments(0)
山LOG 2017 その3/弥彦山塊 ~カタクリ・雪割草~
雪割草からカタクリへ。
次はニリンソウが迎えてくれます。

e0031346_18515785.jpg


e0031346_1921880.jpg


e0031346_18521934.jpg


e0031346_18523197.jpg


e0031346_18524477.jpg


e0031346_18525256.jpg


e0031346_1853776.jpg


e0031346_18531650.jpg


e0031346_18532943.jpg


e0031346_18533871.jpg


e0031346_18535169.jpg


e0031346_18562999.jpg


e0031346_18564061.jpg


e0031346_1856541.jpg


e0031346_1857479.jpg


e0031346_18572198.jpg
by beech-beech | 2017-04-09 19:03 | 山 LOGBOOK | Comments(2)