カテゴリ:アート LOGBOOK( 16 )
Dots Obsession/草間彌生×フィリップ・ジョンソン×坂本龍一@The Glass House
赤いドットは草間彌生さんの作品。
アメリカの代表的な建築家フィリップ・ジョンソンが自邸として設計したグラスハウスの空間に於けるインスタレーションです。
音楽は坂本龍一さんの「M.A.Y. in the Backyard」。

by beech-beech | 2016-11-19 09:47 | アート LOGBOOK | Comments(0)
墨パワー/小林五空
松之山のギャラリー湯山にて。
小林五空氏の墨パワー文字パワーが、古民家の空間と緑豊かな自然環境に融合していました。

e0031346_2211438.jpg


e0031346_22112140.jpg
by beech-beech | 2016-06-08 22:14 | アート LOGBOOK | Comments(0)
路上観察/水と土のランドスケープ その8
里山と土の造形が織りなす新たなランドスケープ。
※坪野フィールドパーク蔵風得水/岩間賢(2015越後妻有大地の芸術祭作品)

e0031346_2232099.jpg
by beech-beech | 2015-09-28 22:46 | アート LOGBOOK | Comments(0)
GUN-新潟に前衛があった頃
謹賀新年。
本年もまた意の向くままにマイペースで更新していきますのでよろしくお願いいたします。
さて、年初めの第一号は新潟県立近代美術館で開催中の「GUN-新潟に前衛があった頃」。
日本の現代美術館の草分けである「長岡現代美術館」の開館と同時期(1960年代~70年代)に活動していた、新潟の前衛アート集団「GUN」の作品群を観てきました。
展覧会では当時のエネルギーに溢れる活動の様子が鮮明に伝わってきます。その作品群のなかで一際印象に残ったのがパンフレットの写真にある雪上アート。
花火のように刹那的でもあり、壮大なアースワークでもあり、身体を使ったダイナミックなパフォーマンスでもあり、かつ場所性・地域性が光る作品。そして、その刹那のパフォーマンスを記録として今に伝える映像のパワー。
新春に相応しい刺激です!

e0031346_10461939.jpg
by beech-beech | 2013-01-05 10:51 | アート LOGBOOK | Comments(0)
西蒲を行く その6/水と土の芸術祭
水と土の芸術祭で回る西蒲もまた楽し。


e0031346_2139251.jpg


e0031346_2139379.jpg


e0031346_21394790.jpg


e0031346_21395830.jpg


e0031346_21401473.jpg
by beech-beech | 2012-10-10 21:42 | アート LOGBOOK | Comments(0)
2012大地の芸術祭/越後妻有アートトリエンナーレ
この土・日に、建築と都市を考える会の仲間たちと大地の芸術祭にいってきました。
レポートを書きましたのでこちらをご覧ください。

e0031346_8552646.jpg


e0031346_8562887.jpg


e0031346_857098.jpg


e0031346_8571610.jpg
by beech-beech | 2012-09-05 08:59 | アート LOGBOOK | Comments(2)
越後妻有・雪アートプロジェクト
1週間前の日曜日は久々の休日で越後妻有アートトリエンナーレの冬イベントへ。
青い空に真っ白な雪はとても爽快!!

e0031346_2364719.jpg


e0031346_2381124.jpg


e0031346_238291.jpg


e0031346_238467.jpg


e0031346_239578.jpg


e0031346_2392178.jpg


e0031346_2393813.jpg


e0031346_2395683.jpg


e0031346_23101110.jpg


e0031346_23112662.jpg
by beech-beech | 2011-03-06 23:14 | アート LOGBOOK | Comments(0)
2009越後妻有アートトリエンナーレ その2 -斎藤義重/時空-
今年のアートトリエンナーレは秋版が現在開催されていますが、今度の連休で閉幕です。
写真は現・長岡商工会議所前庭の壁面アートの作者でもある斎藤義重氏の作品「時空」。
この作品は2000年に開催された時のもので、その後2001年6月に氏は97歳で亡くなられて、この作品が遺作となりました。
ロシア構成主義の影響が色濃く感じられます。


e0031346_0462555.jpg


e0031346_0465811.jpg
by beech-beech | 2009-11-19 01:17 | アート LOGBOOK | Comments(0)
2009越後妻有アートトリエンナーレ その1
毎回、建築と都市を考える会でツアーを組んで楽しんでる越後妻有アートトリエンナーレ。
今年は会期終盤ですが9/6,7と行ってきます。
先日はツアーコースからはずれたところをぶらりドライブ。里山散策はとても気持ちがよいです。
以下、印象に残った映像。
最後の「こころの花」はなぜかアートトリエンナーレの作品からはずれていますが、前回と同じ場所でやっています。
ツアー参加のみなさまへ、「こころの花」は二日目一番最後に観ることも可能です。


e0031346_22163629.jpg


e0031346_22173190.jpg


e0031346_22175274.jpg


e0031346_22181999.jpg


e0031346_22184414.jpg


e0031346_22194621.jpg
 
by beech-beech | 2009-08-21 22:24 | アート LOGBOOK | Comments(0)
長岡市中心部美術探索マップ
図書館に行ったら県立近代美術館が制作した「長岡市中心部美術探索マップ」というものが置いてありました。5月発行だからできたてのマップです。
その中に、以前ブログで紹介した斉藤義重の「大智浄光」もあります。また、大光銀行の壁面にある鏡面の立体は多田美波の作品だそうです。一般の人達が地域の財産=街なかのアートを知りえる貴重な情報源、しかもコンパクトな折りたたみで胸ポケットに入るサイズですから街歩きに便利です。


e0031346_21592810.jpg
by beech-beech | 2009-06-09 22:22 | アート LOGBOOK | Comments(3)