建築探訪/前沢集落@南会津
昨年の8月、福島の田代山・帝釈山に向かう際に立ち寄った集落。
早朝、山を目指し車を走らせていたところ茅葺の家々が視界に飛び込んできました。急遽、Uターンして予定外の嬉しい建築探訪。
23戸程ある集落は殆どが茅葺で半数以上は中門造り。
資料によると、明治末期に大火に遭い全戸焼失。一時期に同一大工の集団が再建したために、統一された景観が生まれたとのこと。
それはさておき、現在まで住み続けながら茅葺の景観が維持されていることに驚嘆です。
住民の方にお話しを伺うと、茅葺全面葺き替えは莫大な費用を要するので、少しづつ修繕を施しているとのこと。
集落は平成23年に国重要伝統的建造物保存地区に選定されたそうです。

↓ 早朝で背景の山々は霧の中。
e0031346_15482443.jpg



↓ 緩やかに登り、緩やかにカーブする道がいいです。
e0031346_15503749.jpg



↓ 平面形は中門造り、屋根は茅葺、外壁の腰は板張りで守り、腰上は白壁の真壁。共通の素材と造形の美しい景観。
e0031346_15513840.jpg



↓ 
e0031346_15524237.jpg



↓ 歓談の場である水場が7か所あります。
e0031346_15532646.jpg


by beech-beech | 2018-02-18 16:22 | 建築探訪 | Comments(0)
<< 山景2018/雪景@赤倉 山景2018/浅間山@軽井沢 >>